飛行機免許の種類

空を飛ぶ飛行機を思うままに操り操縦するためには免許が必要です。飛行機免許としては事業用操縦士免許というものと、自家用操縦士免許というものがあります。その名の通り事業用操縦士免許はエアラインの旅客機の操縦などを行えるプロのパイロットになるための免許です。一方で自家用操縦士免許は趣味で飛ばす飛行機の操縦を行えるようになります。しかし仕事で使うことはできないので注意してくだい。またこの免許でヘリコプターを操縦することはできません。基本的に翼が固定されたもののみの操縦になります。国内でも海外でも取得をすることができ、海外で取った場合も国内ライセンスとして使うことができます。

事業用操縦士免許は事業用操縦士免許は国内でこの免許を持って仕事がしたいと思った場合、国内で免許を取らなければいけません。事業用の免許は国土交通省によって試験が行われており、これに合格をしないと商業用の飛行機を操縦することはできません。取れれば様々な目的のために飛行機を操縦することができます。官庁の仕事では海上保安庁や国土交通省、民間利用だと測量や遊覧飛行、空撮や放送飛行など様々です。

また飛行機を飛ばすことで利益を得ていない場合は自家用運航とされ、一般企業の移動手段としての飛行機を操縦したりすることもできます。ただしどちらも正確にはこの免許だけでは飛行機を操縦することはできません。そのほかに様々な資格が必要とされています。特に事業用に関しては必要資格が多くなっています。

免許はどうとるのか