免許はどうとるのか

操縦士免許を取ることができる方法としては自衛隊で航空学生としてとる方法、航空大学に入学し、航空会社で働きながら、民間の航空スクールなどで学ぶ方法があります。

自家用操縦士免許そして免許を取るまでには定められた飛行時間以上飛行することが求められます。自家用操縦士免許であれば総飛行時間が40時間以上必要になります。さらに単独飛行時間が10時間、単独270km以上の距離の中で着陸を途中に二回以上行い、操縦する野外飛行を5時間以上など、時間で要件が定められています。ここに記載しているのはあくまで目安なので人によってはこれ以上必要な場合もあります。事業操縦士免許を取ろうとする場合にはさらに必要な飛行時間は長くなり、総飛行時間は200時間以上、野外飛行は機長として飛行機を操縦し、25時間以上などになります。

また飛行中に含まれるノルマも事業用の方が多くなっています。加えて自家用操縦士免許には無い、計器飛行というものも要件の中に含まれてきます。事業用操縦士免許の実地試験は日本で必ず受験を行います。しかし、自家用操縦士免許は海外で取って国内ライセンスに書き換えることができます。事業用操縦士免許を取る前に自家用操縦士免許を取る方法もあります。

その他免許や資格