その他免許や資格

操縦士免許を取るためには他の免許や検査、資格などがあります。自家用操縦士免許であれば第二種航空身体検査と航空特殊無線技士が必要になります。第二種航空身体検査は指定の医療機関で受診することが義務付けられていて、年一回更新で行われます。視力も必要視力が定められており、裸眼か矯正状態で0.7以上が必要とされています。航空特殊無線技士は試験が2、6、10月の年三回実施されており、不定期で講習会も行われています

航空無線通信士事業用操縦士免許に必要な免許などとしては自家用と同じ、航空特殊無線技士の免許と共に、事業用免許に関しては第一種航空身体検査が必要になります。概要は同じですが、検査の基準が自家用免許に比べると厳しくなっています。例として必要とされる視力は両眼の視力が1.0以上あることが求められます。

そして事業用免許にのみ必要な資格が航空無線通信士という資格です。この資格は事業用操縦をする中で運送事業を行う際に必要な資格になります。この資格を持っていると航空特殊無線技士の資格は免除されます。試験は年に二回行われています。海外で自家用操縦士免許を取る場合は学科試験や実地試験の方法や仕組みが違うので注意してください。