その他免許や資格

操縦士免許を取るためには他の免許や検査、資格などがあります。自家用操縦士免許であれば第二種航空身体検査と航空特殊無線技士が必要になります。第二種航空身体検査は指定の医療機関で受診することが義務付けられていて、年一回更新で行われます。視力も必要視力が定められており、裸眼か矯正状態で0.7以上が必要とされています。航空特殊無線技士は試験が2、6、10月の年三回実施されており、不定期で講習会も行われています

航空無線通信士事業用操縦士免許に必要な免許などとしては自家用と同じ、航空特殊無線技士の免許と共に、事業用免許に関しては第一種航空身体検査が必要になります。概要は同じですが、検査の基準が自家用免許に比べると厳しくなっています。例として必要とされる視力は両眼の視力が1.0以上あることが求められます。

そして事業用免許にのみ必要な資格が航空無線通信士という資格です。この資格は事業用操縦をする中で運送事業を行う際に必要な資格になります。この資格を持っていると航空特殊無線技士の資格は免除されます。試験は年に二回行われています。海外で自家用操縦士免許を取る場合は学科試験や実地試験の方法や仕組みが違うので注意してください。

免許はどうとるのか

操縦士免許を取ることができる方法としては自衛隊で航空学生としてとる方法、航空大学に入学し、航空会社で働きながら、民間の航空スクールなどで学ぶ方法があります。

自家用操縦士免許そして免許を取るまでには定められた飛行時間以上飛行することが求められます。自家用操縦士免許であれば総飛行時間が40時間以上必要になります。さらに単独飛行時間が10時間、単独270km以上の距離の中で着陸を途中に二回以上行い、操縦する野外飛行を5時間以上など、時間で要件が定められています。ここに記載しているのはあくまで目安なので人によってはこれ以上必要な場合もあります。事業操縦士免許を取ろうとする場合にはさらに必要な飛行時間は長くなり、総飛行時間は200時間以上、野外飛行は機長として飛行機を操縦し、25時間以上などになります。

また飛行中に含まれるノルマも事業用の方が多くなっています。加えて自家用操縦士免許には無い、計器飛行というものも要件の中に含まれてきます。事業用操縦士免許の実地試験は日本で必ず受験を行います。しかし、自家用操縦士免許は海外で取って国内ライセンスに書き換えることができます。事業用操縦士免許を取る前に自家用操縦士免許を取る方法もあります。

その他免許や資格

飛行機免許の種類

空を飛ぶ飛行機を思うままに操り操縦するためには免許が必要です。飛行機免許としては事業用操縦士免許というものと、自家用操縦士免許というものがあります。その名の通り事業用操縦士免許はエアラインの旅客機の操縦などを行えるプロのパイロットになるための免許です。一方で自家用操縦士免許は趣味で飛ばす飛行機の操縦を行えるようになります。しかし仕事で使うことはできないので注意してくだい。またこの免許でヘリコプターを操縦することはできません。基本的に翼が固定されたもののみの操縦になります。国内でも海外でも取得をすることができ、海外で取った場合も国内ライセンスとして使うことができます。

事業用操縦士免許は事業用操縦士免許は国内でこの免許を持って仕事がしたいと思った場合、国内で免許を取らなければいけません。事業用の免許は国土交通省によって試験が行われており、これに合格をしないと商業用の飛行機を操縦することはできません。取れれば様々な目的のために飛行機を操縦することができます。官庁の仕事では海上保安庁や国土交通省、民間利用だと測量や遊覧飛行、空撮や放送飛行など様々です。

また飛行機を飛ばすことで利益を得ていない場合は自家用運航とされ、一般企業の移動手段としての飛行機を操縦したりすることもできます。ただしどちらも正確にはこの免許だけでは飛行機を操縦することはできません。そのほかに様々な資格が必要とされています。特に事業用に関しては必要資格が多くなっています。

免許はどうとるのか